難聴

耳鳴りや難聴について

微笑むドクター

私たちは空気の振動から音を聞くことができます。空気の振動が鼓膜にぶつかり、耳の奥にある耳小骨に伝わり、その中の中耳腔で増幅され、内耳にある蝸牛へ伝えられるのです。蝸牛の中のリンパ液の中で、空気の振動は液体の振動に変わり、その液体が振動することで、基底板が揺れ、感覚細胞に伝わります。感覚細胞の中の毛がなびくことで電気信号に変わり、脳幹を通って大脳の中の聴覚野に伝わって初めて、音として認識されるのです。これらの経路のどこかで異常が起こり、耳鳴りや難聴が生じます。 耳鳴りや難聴には様々な原因が考えられます。その原因によって、診てもらう専門家も変わってきます。うつ病や、自律神経失調症が原因の場合は、それらの専門家に見てもらいます。

耳鳴りや難聴を扱った書籍は数多く出版社されています。耳鳴りや難聴の悩みは自分にしか分からず、他人に分かってもらえないという苦しみも伴う場合があります。そういった悩みを少しでも減らそうと、様々な内容の本があります。本の中では、爪もみや耳もみ、体操など様々な方法や、耳鳴りや難聴をなくすのに効果的とされる食べ物などが紹介されています。耳を若返らせるようなCDなどが付録でついており、聴くだけで、難聴、耳鳴りに効果的、と書かれているものもあります。 例えば加齢やストレスなどで耳鳴りや難聴が生じている場合、病院では原因が分からないとされることがあるようです。そういった悩みを解決するサプリメントなども販売されています。 病院や医師、本やサプリメントなど、自分に合った物を探すことが重要です。